teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


寝ずの番

 投稿者:saior  投稿日:2006年 6月17日(土)16時32分17秒
返信・引用
  さっそく見に行ってきました。その映画館はトリックとダヴィンチコードと寝ずの番をしていたので、時間の都合2本しかみれない、、、トリックはまたテレビでも直ぐにやるだろうと、寝ずの番からみることにしました。やっぱり下ねた満載で、可笑しかったです。津川雅彦が名前を変えて初監督だったんですね。延々とお通夜をするという地味な話の進行の割には、次々と話題を出して、飽きませんね。妻子とはいけないけど。R15だから当然だけど。40を過ぎた人が笑える映画だなぁ。若者にはちょっとわからないかな。老夫婦だ数組見に来てました。私もいつか妻と見ることができたらおもしろかも・・
 ダヴィンチコードは、謎解きで奥が深く、一度だけよりも、何度も見て「ああそうかぁ」なんて楽しめる映画のようでした。ようするに私は一回だけでは理解できなかった・・・ってことですけど。ビデオがでたら借りてみたい映画です。
 
 

『ターミネーター3』

 投稿者:薬師寺  投稿日:2003年 7月18日(金)03時55分16秒
返信・引用
   話題作の続編は長いというイメージを覆し、エンドクレジットの最後まで観ても1時間50分足
らずだったので少し物足りなかったです。ただ結末は多分、大方の予想を裏切った内容だと思うの
で、1と2をきちんと観ていない私にとっても楽しめて満足の作品でした。

 それにしても未来から送られてきたロボットたちは、どうしてみんな最初は裸なんですかね。行
った先で調達しろとプログラムされてるみたいに、まず他人の服を奪ってますから。どうせ服の部
分も擬似再生出来るのなら、服を着た状態で出荷すればいいのに。まぁ今回は女型ロボットが出て
くるので、観客へのサービスシーンなんでしょうけど。

 tomoさん、こんにちは。

 『シカゴ』は元々ミュージカルから映画化されたんでしたっけ? といっても映画も殆どミュー
ジカルみたいなものでしたが。機会があったら私も是非観たいです。

 映画を観てキャサリー・ゼタ・ジョーンズよりレニー・ゼルウィガーの方がスタイルがいいこと
に驚きました。『ブリジット・ジョーンズの日記』では増量した迫力ヒップとムチムチ太腿が印象
的でしたからね。
 ボーっと天然ボケっぽく見えるゼルウィガーが軽快に踊るシーンを見て、ハリウッドでスターに
なる人にとってこんなことは当然なのかもしれないと思いました。
 

シカゴ

 投稿者:tomo  投稿日:2003年 5月15日(木)18時05分28秒
返信・引用
  東京ではミュージカルをやるそうで。
「映画じゃなくて演劇で見たかったな~」と思った私は
そっちのほうが多分楽しめそうです。
 

ハワイから

 投稿者:レイ  投稿日:2003年 5月 2日(金)11時47分4秒
返信・引用
  こんにちは。突然の書き込み、失礼します。
ハワイに住んでいるワーキングマザーです。
病院に勤務しながら、自宅でも仕事をしています。
主婦、リタイアされた方、本業をお持ちの方など
空いている時間をうまく使って仕事をしてみたい方
HPをご覧くださいね。
http://www.supersoho.com

 

『オン・バーク』

 投稿者:薬師寺  投稿日:2003年 3月 1日(土)04時08分40秒
返信・引用
   今、タイで公開されているこの作品は、今まで観たタイ映画で最も面白かったです。
 村の大事な仏像「オン・バーク」の首を盗まれ、その村の若者がバンコクに取り返しに行くとい
う話ですが、主役の青年は元々ムアイタイの技を練習していたため、あちこちでの乱闘を素手で面
白いように切り抜けてしまいます。そのアクションの凄いこと、凄いこと。
 映画界では当たり前のようになっているワイヤーアクションを見慣れた目からは、その自然な動
きが凄く新鮮に感じました。
 あれだけの動きが出来るアクションスターは、最近いないのではないかと思うくらいで、アジア
から、しかもタイから初めて、世界に通じるスターが生まれる予感がしました。
 20台くらいのトゥクトゥクによるカーチェイスなどもあるので、欧米人はもちろん、同じアジ
ア人が観ても楽しめる映画だと思います。格闘技好きの人には特に。実際、スティーブン・セガー
ルがわざわざ試写を観に来て褒めていました。
 是非、日本でも公開してほしいものです。

 同じく公開中のタイ映画『グンパーパン(FEBRUARY)』は、組織のドライバーが、逃げ
る途中に轢いて記憶喪失にしてしまった女性と恋をする話でした。ただ舞台がニューヨークなので、
主演の男女ともタイ人ですが、とてもおしゃれな印象が残りました。

 トップレスでの日光浴という『ソード・フィッシュ』でのハル・ベリーのヌードは、どう見ても
必然性はないでしょ。初ヌードという話題性以外では。
 先日また『チョコレート(モンスターズ・ボール)』を観ましたが、いくら彼女が黒人女性初の
アカデミー主演女優賞を受賞した作品とは言え、暗い気持ちになるだけなので、何度も観たくなる
作品ではありませんね。

 先週観た映画。『戦場のピアニスト』、『チョコレート』、『バースデーガール』、『歌え!フ
ィッシャーマン』と『モンテ・クリスト伯』。
 

ソードフィッシュ

 投稿者:tomo  投稿日:2003年 2月22日(土)16時26分41秒
返信・引用
  辛口な友達からは「無意味なヌード」と言われてますが
あれでギャラが数千万上がったとか。。

日本でも007、3月7日(あれ、8日だっけ?(^^;)にようやく公開です!
楽しみ~♪ちなみに今日から猟奇的な彼女も公開。見に行ってきます♪
 

『タイタニック』

 投稿者:薬師寺  投稿日:2003年 2月 8日(土)06時46分1秒
返信・引用
   ヴァージンシネマ系のプレミアスクリーンで限定公開されていた、オスカーセレクションの『タ
イタニック』を観て来ました。まともに観たのは初めてだったからか、3時間を超えても気になら
ないくらい感動しました。
 と言っても決してラヴストーリーの部分にではなく、沈みゆく船上で、誰も聞いていないと言い
ながら、それでも演奏を続けた音楽家たちのエピソードなどです。
 主演のディカプリオは、この作品で一躍、世界的に有名になりましたが、個人的にはその前に出
演している『マイ・ルーム』での少年役の方が好きです。意外といい役者だと思いました。

 TOMOさん、お久しぶりです。
 今まで私が知らなかっただけなんでしょうが、『ソード・フィッシュ』で初ヌードを披露してか
らのハル・ベリーは、吹っ切ったって感じでセクシーシーンが欠かせなくなってしまったんでしょ
うかね。コカコーラボディを惜しげもなく披露しています。あの腰のくびれは同性から見てもセク
シーですよね。

 オークさん、初めまして。
 ニュージーランドからですね。旅行中ですか、それとも在住ですか? 私も拠点はバンコクです。
 ところでその作品は『トゥー・ウィークス・ノーティス』のことですね。日本では初夏公開予定
だそうです。確かにストーリー的に新庄選手が出てくる必然性はなさそうなので、話題作りですか
ね。日本人にとっては別の意味で注目の作品になりそうですね。
 

TWO WEEKS NOTICE

 投稿者:オーク  投稿日:2003年 2月 2日(日)08時41分0秒
返信・引用
   はじめまして。オークです。海外からカキコですよ。
 ヒュー・グラントとサンドラ・ブロックのラブコメなんですが、なんと新庄が打席に入って打つシーンがでてきます。たくさんのメジャー・リーガーがいる中で、なにゆえに・・・
 でもなんかうれしいぞ!
 

お久しぶりです♪

 投稿者:tomo(tomoi)  投稿日:2003年 1月20日(月)21時11分22秒
返信・引用
  すみません、↓の削除お願いしますm(__)m

さて、すっかり格闘技から離れてしまった私ですが
よく飲みに行くバーがシネマバーなので最近映画を観るようになりました。
「007」は日本ではまだなので楽しみです~!
「チョコレート」ではハル・ベリーはいい味出してましたが
ボンドガール、どんな感じなんでしょうね?

それにしても日本の映画料金って高すぎる~!!
 

業界初、ネット限定前売り券販売・全8種類。

 投稿者:薬師寺  投稿日:2002年12月21日(土)07時58分47秒
返信・引用
   『マトリックス・リローデッド』のネット専用前売りチケットに付いているプラスチックカード
ですが、バンコクの映画グッズショップでは、キャラクターの顔のあるバージョンとネオ+トリニ
ティの全8種類が紙製のムービーカードとして売られていました。裏は2003年のカレンダーに
なっています。
 おそらくアメリカ製のコピーなので、「MAY 15 2003」の文字がタイトルの下にあり
ます。

 それから知人は日本でもバンコクでも8月に『リローデッド』の予告を観ているのに、怒涛のよ
うに映画館に通っている私の方はなかなか遭遇出来ませんでした。ところが日本では『秘密の部屋』
で、バンコクでは『007 Die Another Day』の先行上映でやっと観る事が出来
ました。まだまだ先だけど楽しみ~。

 そう言えばその『007』に、今度は韓国人役でリック・ユーンが出ていたんですよね。途中か
らはスキンヘッドにブルーアイ、しかも顔面にダイヤが埋まっているという凄い形相になってしま
うんですが。
 リック・ユーンは多分中国系アメリカ人だと思うんですが、『ヒマラヤ杉に降る雪』で工藤夕貴
の日本人旦那役でデビューして、『ワイルド・スピード』では『xXx』でブレイクしたヴィン・
ディーゼルとも共演しているんですが、どちらも無実なのに殺人や盗難で疑われる役なんですよね。
 元々モデル出身で、しかもウォール・ストーリートで証券マンをやっていたエリートらしいです。
 アジア系で頑張っている俳優さんは貴重なので密かに応援しているのですが、いい加減「アジア
人=悪役」はやめて欲しいもんですな。
 

レンタル掲示板
/3